MENU

バスの中古車流通経路

車内

海外市場で需要が高い

現在、ミャンマーやベトナム、タイ、フィリピンなどの東南アジアでは日本から中古バスが送られています。公共交通機関として導入されるバスは100%中古車で、欧米や日本などから中古バスとして流通しています。日本では排ガス規制や制度上の仕様年数が定められているため、観光業や交通機関等で使用されるバスは定期的に入れ替えが行われます。また、多くの事業者がバスをリース導入していることから、整備状態が万全です。日本はインフラ整備が行き届いていることから、車両への影響も少なく、走行距離が多いバスでも耐久性が保たれています。交通機関や観光業以外でバスを導入する企業がありますが、そこでも処分するタイミングもあるでしょう。大手でリース導入されていた車両は海外市場に送られますが、確かな整備状況からコンディションの良い車両が多いため、非常に高値で流通します。日本の制度上、厳しい基準が設けられており、コンプライアンスレベルの高い日本の中古バスは世界の他国に比べて人気が高いです。日本車であることが評価が高いため、走行距離や年式に関わらず日本語で企業表記のある車両はそれだけで信頼性が高くなります。元々、新車の流通がない海外市場では日本車ということに信頼性を求めるため、欧米の車両よりも人気が高いのです。海外市場へ中古バスを流通させる専門ブローカーがおり、彼らに処分を任せると意外な高値で買取ってくれます。彼らは中古バスの転売に関する高いノウハウを持っています。

Copyright© 2018 トラックを売りたい方必見!【複数の店舗に査定を依頼しよう】 All Rights Reserved.