MENU

車両の程度を重視

ダンプカー

耐久性に注目

中古ダンプを購入する際に注目する点は耐久性です。耐久性を判断するのに走行距離に注目されます。ダンプカーの平均年間走行距離は50,000kmと言われており、市場に出ている中古ダンプは500,000km以上が多いです。一般的な乗用車の年間走行距離は10,000kmと言われています。10年目や100,000kmという一つの節目があり、中古市場ではこの節目を超えると著しく買取価格が落ちると言われています。しかし、中古ダンプの場合、100,000kmをはるかに超過する500,000km以上の車両が多く、購入時の懸念となる人も多いでしょうが、ダンプカーは大量の土砂や廃材等を搬送するため、コンポーネントに高い耐久性を持たせているので1,000,000km以上の走行にも耐えると言われています。また、日本には高い検査基準の車検制度があり、ダンプカーのような事業用車両は毎年車検を受けていることから、安全性能が保たれています。もちろん走行距離がすくない中古ダンプを選ぶのが良いですが、エンジンのコンディションやブレーキやサスなどの足回りに不具合が無いか、ダンパーのオイル漏れが無いか、作動状況などを確認することが大事です。元々、1,000,000km走行に耐える作りとなっており、海外市場では2,000,000kmを超過したダンプカーも現役で使用されています。欧米の車両に比べて日本製は高耐久であるため新興国市場で人気が高いです。

Copyright© 2018 トラックを売りたい方必見!【複数の店舗に査定を依頼しよう】 All Rights Reserved.