MENU

国産バスの耐久性は世界一

バス

世界で利用される実体

日本の中古バスは世界中に流通し活躍の場を移しています。諸外国では様々な輸入規制を設けている国もあります。バングラデシュでは右ハンドルで車齢5年以下、香港では国の排ガス規制にクリアしていることや右ハンドルであることなど、その国によって様々です。近年、海外市場で日本の中古バス増えているのがミャンマーです。ミャンマーでは商用車・乗用車・路線バスの多くが日本製の中古車です。海外市場で中古バスを導入する国は新興国と言われる国で、先進国で使用されていた路線バスが国内での役割を果たすと退役後に海外市場に輸出されるケースもあります。走行距離数十万Km〜百万kmという車両もあります。日本の車両製造技術は世界トップレベルで、100万km以上の走行にも耐えると言われており、日本から輸出された時点から10年以上使用されることも普通です。本来、輸出されていない北朝鮮のような国でも日本で退役した車両がロシアへ渡り、ロシアで使用された後、北朝鮮に渡るという第三国経由で輸出するケースも多く、思わぬ地域で日本の中古バスが走っています。なぜ、日本の中古バスが好まれるのかと言えば、新興国では整備拠点が少なく、故障への懸念が高いため、高耐久の日本製が人気となります。すでに流通量が多いと、中古部品の流通も豊富です。日本では低年式高走行の中古バスでも高く売れると言われています。日本の場合、車検制度にて毎年高い検査基準が設けられ、メンテナンスが適時行われている車両が多いのです。

Copyright© 2018 トラックを売りたい方必見!【複数の店舗に査定を依頼しよう】 All Rights Reserved.