MENU

ダンプカー

車両の程度を重視

中古ダンプを購入する際に注目する点は耐久性です。耐久性は走行距離で判断されますが、日本製の中古ダンプは1,000,000km以上の走行距離でも耐えうると言われており、海外市場で現役で活躍している車両も多いです。エンジンや足回り、ダンパーの作動状況を確認しましょう。

詳しく見る

高値で買い取ってもらえる

トラック

買い替えの資金にできる

トラックを売りたい人の理由は、トラックが古くなって買い替えたいといったことが多くなっています。また、仕事で使っていたものの職場を閉めることになったため要らなくなったという会社もあることでしょう。このように要らなくなったトラックは単純に処分するのではなく、買取専門店に買い取ってもらった方がお得です。売りたい人は、まず、買取専門店を探してみましょう。それから、トラックを売りたいと思っても、査定額がどのくらいになるのか不安に感じる人もいます。思っていたよりも高値がつかないのなら、それを買い替え資金にあてることはできません。そこで、複数の店舗に査定を依頼することをおすすめします。いくつかの店舗に査定をしてもらうことによって、高値をつけてくれるところが見つかるかもしれません。もちろん、一番高値をつけてくれたお店に買い取ってもらいましょう。店舗によっては、トラックを下取りしてくれるところもあります。そこで買取も販売もしていることがあるのです。このような店舗なら、売りたい人に最適です。買い取ってもらい、そのお金を遣って、そのお店で新しいトラックを購入しましょう。流れがスムーズなので効率的です。それから、トラックは中古品であっても需要があります。そのため、どんなに古いものでもとりあえずは査定をしてもらった方がいいかもしれません。場合によっては部品が高く売れることもあるからです。諦めずに買取店舗を探してみましょう。

車内

バスの中古車流通経路

日本で使用されていた中古バスは海外市場で非常に高く流通しています。交通機関や観光業者が導入するリース車両はメンテナンス状況が良く、非常に人気が高いので、日本車全体の人気がけん引されています。中古バス専門のブローカーは高く海外に送るノウハウを持っています。

詳しく見る

トラック

買い取りを使って高く売る

トラックを売りたいと思った場合には専門の業者に依頼するのがもっとも近道です。買い取り業者では独自の販路を有しているところや買い取り実績が豊富な業者ほど有利にトラックを売ることができるメリットがあります。

詳しく見る

ダンプカー

ダンプは中古でも心強い

中古ダンプは比較的実用性・経済性の高い車両が出回る傾向にあります。購入については、車両ごとの仕様の違いが大きいのでしっかりと情報収集する事が重要です。売却する際もそうですが、専門業者の知見を効果的に活用するのがポイントです。

詳しく見る

バス

国産バスの耐久性は世界一

日本で路線バスや観光バスとして利用されていた車両が中古バスとして海外市場で活躍しています。輸出後すでに10年経過した車も多く、100万km以上の走行にも耐えうる耐久性が評価されています。日本では低年式高走行の車両でも高く売れるのです。

詳しく見る

Copyright© 2018 トラックを売りたい方必見!【複数の店舗に査定を依頼しよう】 All Rights Reserved.